FUCA-ウツシ®とは

37691942_632887663738846_852180014564429

~​FUCA-ウツシ®の定義~

FUCA-ウツシ®の“ウツシ”とは、カタカムナの解読書とも言える相似象学会誌の「相似象」で表現されている「アマウツシ」の略であり、生命の自然現象であり循環である。
この循環を入力により最大限に循環させる天然・自然の作法がウツシ®である。
身体を容積と捉え、皮膚を膜と捉え、この膜を通して出入りしている物質は「電気・磁気的」な物質であると捉え、「光」によって励起する。つまり、簡単に言うと「元氣」と捉え、「元氣」を積載、循環させるという方法論である。
ウツシ®には3つの側面がる。
①神経生理学的側面 (求心性&遠心性)
②電気・磁気的側面 (共振・共鳴)
③チカラ的側面 (励起 )
一度の所作で3つの側面が起動する。
所作は一度ではなく数回行われ、それは高速スピンによるものである。
 
「対向性」を活用し、顕在界から潜在界へのアプローチである。
それは手によって顕在界から潜在界へ、潜在界から顕在界へと“マワリテメクル”事象、対向発生という原理原則に沿い、術者はクライアントに対向し右側に立ち、右手の豆状骨をクライアントの頸部の中央より右側の延髄付近で「ミ」を添え(=圧) 左手で右手を持ち、約180度前後の回旋(螺旋軌道)運動、つまり高速スピン(チカラの積載)をすることでアマ始元量を積載し、感覚受容器に刺激を与え、同時に損傷電位(+電位=陽子)を発生させ、それがマイナス電位である電子を誘発する。それに伴い一種の「電気的磁気的」微波動が現象界と潜象界とを結び、身体という容積をアマ始元量で満たす (カムウツシ&アマウツシ)
そしてその微波動が延髄辺りからゆっくりと脳へ、螺旋の渦になり伝わる。
この時、延髄辺りが痺れるように感じたり、脳の中心がピーンと伸びるように感じるのは一種の電気的微波動であり、人によっては瞑想やヨガ、麻薬や喫煙、一種のエクスタシー感などの恍惚感にも似た感覚を覚える。最後には肉体的・感覚的な顕在部分と精神的、つまり潜在的部分に大きな変動を得る。
芸術性の高い表現であればあるほど大きな変動を得る。
結果、身体という容積に「元氣」が積載され循環し「生まれながらに備わる能力」が最大限に発揮され表現されるのである。農畜産を通して見ると、能力の向上はウツシ®前と比べればおおよそ1,5倍の向上を示す。
「アマウツシ」という方法論はいく通りもあるが、ウツシ®はウツシ手がクライアントへ対向し存在して行われる天然・自然の作法なのである。
24231737_1977951049133262_40225024760920

~​FUCA-ウツシ®の目的~

私たちを作り上げている無数の細胞組織。それらを構成する原子の活動能力(元氣)を向上させることを目的とし、私たちの生まれながらに備わる「能力」つまり「イノチ」にフォーカスし、身体機能、潜在能力の向上を目的とする。
​身体機能、潜在能力などの向上により、地域社会の人々のより良い生活、より豊かな人生へ寄与する。
MARK-Ⅲ・SCARAB3-e1506082545880_edited.jpg

~​FUCA-ウツシ®活用法~

ウツシ®を受けると身体が元氣(エネルギー)で満たされ、身体機能や潜在能力が向上します。
例えば
①五感 (味覚、聴覚、嗅覚、触覚、視覚)が鋭くなる
②直観力 (第六感)が冴えてくる
③運動・身体機能の向上
④免疫力・治癒力アップ
⑤判断力・思考能力の向上
 
ぜひ以下のようなときにウツシ®をご活用下さい。
①身体の不調、症状を改善させたい
②スポーツで最高のパフォーマンスを発揮したい
③勉強や仕事で能力をフルに発揮したい
​④芸術・創作活動時の集中力アップに
9694A284-6DA3-48FB-B00C-CBA3B0D34D96.jpe

商標登録【指定商品または指定業務並びに商品および役務の区分】【第44類】

①FUCA-ウツシ / FUCA-UZSHI   登録第 5818508号
②ウツシ / UZSHI         登録第 5818507号
③ウツシ手            登録第 5818506号

商標権とは、商標法で定められた、商標の使用をする者に与えられる独占的な使用権のことです。 商標権は、特許庁にて登録されてます。

 指定役務の範囲において、独占排他的に権利者だけが使用できる知的財産として、法令により定められた権利又は法律上保護されています